読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコイン投資ダイアリー

ビットコイン・仮想通貨に関する情報やノウハウをまとめたブログ

ビットコイン取引所を比較!オススメは?

 

ビットコイン投資を始めようとしている人、またすでに投資は始めているけれども他の取引所も気になるといった方もいるでしょう。今日はそうした人たちのために国内のビットコイン取引所を一覧化し、比較できるようにまとめてみることにします。

また、全取引所をまとめると長くなるので、この記事では国内上位4つの取引所を紹介し、また後ほどの記事で他の取引所をまとめることにします。

 

取引所比較簡易版

まずは、簡易的な比較表をあげておくことにします。各取引所の詳細は、取引所の名前の所をクリックすると、該当のところまでとぶことができます。

 

 

 

bitFlyer 

 

bitbank-Trade

 

coincheck

Zaif

取引タイプ
販売所 ×
取引所
信用 先物 信用 先物 信用 信用
レバレッジ 10倍 20倍 5倍 7.77倍
アルト ETHのみ なし 8種 5種
手数料
現物手数料 0.01~0.15% 0% 0% -0.01%
出金手数料 216~756 324~756 400~756 356~756
BTC送付手数料 0.0002BTC 0.0001BTC 0.0005BTC 0.0005BTC
信用・先物手数料 0.04%/日 0.1%(新規・決済)0.2%(利益) 0.05%/日 0.039%/日
購入方法
クレカ
コンビニ入金 ×
提携銀行 三井住友 住信SBIネット 住信SBIネット ゆうちょ 住信SBIネット

 

信用取引と先物取引

信用取引と先物取引について分からない方は、こちらをご覧ください。

bitcoin-diary.hatenablog.com

比較① 初心者にオススメの取引所はどこか

まずは、初心者にオススメの取引所はどこか?という観点から比較をすることにします。

4つの取引所の中でも、私はbitFlyerZaifを初心者にお勧めします。

bitFlyerをお勧めする理由は、日本の取引所の中で最も資本金の多い企業(資本金80億超)であり、取引所の閉鎖やトラブルといった問題が最も起こりにくい、安定した環境で取引をできるからです。ビットコインの歴史上、ハッキングや取引所の倒産という事件が何回かあり、巨額の損失を負ってしまった投資家も多いです。bitFlyerであれば、資本金の額が大きく、出資を受けている損保と投資家の資産を補償する契約を結んでいるので、こうしたリスクは少ないと言えるでしょう。以下のような大企業から融資を受けています。

f:id:dokugakukoumuin:20170314013939p:plain

Zaifをお勧めする理由は、初心者に優しい制度が多いからです。bitFlyerも確かに取引所としてはリスクの少ない初心者にオススメの取引所でありますが、取引という観点から見た場合はZaifの方がお勧め度が高いです。というのも、bitFlyerが取引手数料0.01~015%のところ、Zaifは取引の手数料がマイナス0.01%で、取引のタイミングが分からない初心者でも買いや売りをしやすい環境にあるからです。さらに、Zaifには取引が分からない人のために、銀行引き落としによるコインの積み立てというシステムもあります。この制度を利用すれば、売買が分からなくてもコインを買うことができ、Zaifの口座アカウントに反映させることが出来ます。

f:id:dokugakukoumuin:20170317172844j:plain f:id:dokugakukoumuin:20170317170931j:plain 

 

比較② 使いやすい取引所はどこか

次に、使いやすさという観点から取引所を比較することにします。

使いやすい取引所として、私はcoincheckbitFlyerをお勧めします。

特にcoincheckは、非常にシンプルで使いやすい取引画面と簡単な登録をウリにしています。携帯のアプリでも取引が出来る上、シンプルで使いやすく、一日5万円以内の入金であれば本人確認も必要としないので、いますぐ楽に取引を開始したいというなら、coincheckが一番いいと思います。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

同じくbitFlyerも、シンプルな取引画面を特徴としています。携帯用のアプリもリリースしていますし、coincheckの次に使いやすい取引所であると思います。

f:id:dokugakukoumuin:20170317181939j:plain f:id:dokugakukoumuin:20170317172844j:plain 

 

比較③ レバレッジの高い取引所はどこか

次に、レバレッジの高さを比較することにします。

 bitFlyerbitbankTradecoincheckZaif
レバレッジ 10倍 20倍 5倍 7.77倍

この記事中で紹介している取引所の中で、最もレバレッジが高いのは、bitbank-Tradeです。

他の取引所は、最大でbitFlyerのレバレッジ10倍でありますhが、bitbank-Tradeはそれを二倍も上回るレバレッジ20倍を提供しています。その分新規建や決済時の手数料は高いですが、勝った時の設けは他を遥かにしのぎます。

また、bitbank-Tradeは、レバレッジの高さ以外を見ても玄人好みの取引所であると思います。具体的には、逆指値注文ができたり、両建てができたり、チャートが他の取引所に比べて詳しいという点が挙げられます。実際に他の取引所を見てみると、coincheckは、逆指値注文ができませんしbitFlyerは両建てができません。

このような点から、ハイレバレッジのbitbank-Tradeは、取引慣れしている人には最もお勧めできる取引所であります。

f:id:dokugakukoumuin:20170317185211j:plain

 

比較④ 手数料の安い取引所はどこか

 bitFlyerbitbankTradecoincheckZaif
現物手数料 0.01~0.15% 0% 0% -0.01%
出金手数料 216~756 324~756 400~756 356~756
BTC送付手数料 0.0002BTC 0.0001BTC 0.0005BTC 0.0005BTC
信用・先物手数料 0.04%/日 0.1%(新規・決済)0.2%(利益) 0.05%/日 0.039%/日

手数料の安い取引所としてはZaifがあげられます。信用取引の日金利が、0.039%と最も低く、現物取引ではなんと手数料マイナス0.01%と、取引すればするほど増えていく仕組みになっています。

銀行の入出金は向こうの提携銀行がどこによるかで変わってきますし、一概に比べることは難しいでしょう。

f:id:dokugakukoumuin:20170317170931j:plain 

 

比較⑤ 多くの仮想通貨を扱っているのはどこか

 bitFlyerbitbankTradecoincheckZaif
アルト ETHのみ なし 8種類 5種類

多くの仮想通貨を取り扱っているところとしては、coincheckZaifがあげられます。

特にcoincheckは、9種類もの仮想通貨を取り扱っています。最近 マイクロソフト社と連携発表があり急騰しているETHや、銀行の送金通貨として今後利用される可能性のあるXRPなど、人気の通貨が目白押しです。

f:id:dokugakukoumuin:20170314221944p:plain

Zaifは、今現在世界的に知られているアルトコインは5種類しか取り扱っていませんが、Zaifトークンや日本初のモナーコインといった独自の仮想通貨を取り扱っているのが特徴的です。

f:id:dokugakukoumuin:20170317181939j:plain f:id:dokugakukoumuin:20170317170931j:plain

bitFlyer(ビットフライヤー)

f:id:dokugakukoumuin:20170314013426p:plain

 

bitFlyer(ビットフライヤー)はどんな取引所?

国内最大手の取引所です。

実際に、SMBCベンチャーキャピタル・みずほキャピタル・第一生命保険・三菱UFJキャピタル・三井住友海上キャピタル・リクルートなど数多くの大企業から出資を受けており、資本金の額では他の取引所に大幅な差を付けています

f:id:dokugakukoumuin:20170314013939p:plain

大手特有のセキュリティ面での安心感がビットフライヤーの最大のメリットと言えるでしょう。例として、出資を受けている損保とトレーダーのビットコイン保管中のリスクを補償する契約を結んだり、コールドウォレットと呼ばれるオフライン環境下で多くのビットコインを保管しているといったメリットがあります。ビットコインは仮想通貨という特性からインターネット上で管理されることが多く、今までもハッキングや取引所のオーナーによる不正が行われるというケースが度々ありました。銀行や損保など信用のある機関と提携をしている最大手企業ならば、こうしたリスクは限りなく0に近いと言ってもいいでしょう。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)で行える取引

  1. 販売所での現物購入
  2. 取引所での現物取引
  3. 取引所での信用取引(レバレッジ最大10倍)

ビットフライヤーでは、上記のとおり販売所 取引所でビットコインの現物を、また販売所 取引所で信用取引を行うことが出来ます。

また、イーサリアムという他の仮想通貨も購入する事ができます。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の取引画面・チャート

f:id:dokugakukoumuin:20170314023656p:plain

このような感じです。単純で使いやすいのが特徴。ただしチャートはシンプル過ぎて慣れている人からすると物足りないように感じると思います。

bitFlyer(ビットフライヤー)と手数料・入金出金関係

  1. 取引所・販売所での現物取引 0.01〜0.15%
  2. 取引所での信用取引 0%(金利=日/0.04%
  3.  イーサリアム売買手数料 0.2%
  4. ビットコイン送付手数料 0.0002BTC
  5. 出金手数料(三井住友の場合) 3万円未満 =216円 3万円以上=432円
  6. 出金手数料(三井住友以外)3万円未満=540円 3万円以上=756円
  7. クイック入金(24時間365日入金可能なシステム)手数料324円

 

以下で他の取引所も紹介しますが、手数料は他と比較しても並といったところでしょうか。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の追証・ロスカットルール

信用取引では、最大で証拠金の10倍の額の取引をすることが可能です。また通常のFXや株の信用取引と同じく、追証やロスカットがあります。

追証ルール

追証ルールは次のとおりとなります。

  1. すべての未約定の新規注文が失効(取消)されます。
  2. 証拠金維持率が 80% 超となるように、3 銀行営業日以内に追加の証拠金を預け入れてください。 証拠金維持率が 80% を下回ってから、3 銀行営業日後の 17 時時点で証拠金維持率が 80% を下回っている場合、ロスカットルールが適応されます。

※bitFlyer公式サイトより

ロスカットルール

ロスカットルールは次のとおりとなります。

  1. すべての未約定の新規注文が失効(取消)されます。
  2. (1) の結果、なお証拠金維持率がロスカット水準を下回っている場合、Lightning FX の全建玉を自動的に反対売買して決済します(ロスカット注文)。
  3. ロスカット注文は、全建玉に対して成行で決済注文を行います。
  4. ロスカットルールが適用されると、全建玉の決済注文が約定するまで取引を再開することができません。
  5. 不足金が出た場合、ビットコイン送付・日本円ご出金・bitWire は停止します。

※bitFlyer公式サイトより

 

bitFlyerの信用取引は両建て出来ないのに注意してください。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)まとめ

ビットフライヤーは、大企業から融資を受けている信頼の高さが何よりもウリでしょう。取引のシステム・ロスカット率の高さ・現物取引にもかかる手数料・使いにくいチャート・落ちやすいサーバなど取引システムに関しては、正直他の取引所に比べてマイナス要素も多いですが、その点を考えてもありあまるセキュリティ面でのメリットがあると思います。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)登録方法

こちらから登録できます。

f:id:dokugakukoumuin:20170317172844j:plain 

bitbank Trade(ビットバンクトレード)

f:id:dokugakukoumuin:20170314025352p:plain

bitbank Trade(ビットバンクトレード)はどんな取引所?

ビットバンクトレードも、国内最大規模の取引所です。資本金の額も4億近く、二段階認証やコールドウォレットを導入いていることから、セキュリティ面も安心です。

また、これは個人的な感想になりますが、ビットバンクトレードは、とても意欲的な取引所であると思います。具体的には、他の取引所ではあまり見られないような以下のような業績があります。

  1. 仮想通貨が今ほどメジャーでなかった当時、世界で最大量の出来高を誇っていた中国のOKCoinと提携し、日本のトレーダーを直接OKCoinで取引することを可能にした
  2. 国内で初の証拠BTC取引を可能にした
  3. 国内で最大規模のビットコイン情報網であるビットコインニュース(ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース)を運営している。

他にも最近では、

bitbank.cc

このような新しい取引所をオープンし、他の仮想通貨の取引にも対応しようとするなど、多くの試みを行っています。

bitbank Trade(ビットバンクトレード)で行える取引

  1. 取引所での現物取引
  2. 取引所での先物取引(今週物・来週物・四半期物の3種類) レバレッジ最大20倍

ビットバンクトレードで行える取引は現物取引と先物取引の2種類です。

先物取引についてはまた別の記事で後述する予定ですが、簡単に説明すると企業と○○日に買う(売る)からと約束した上で商品(ここでは分かりやすくビットコインとします)を借りて、借りたビットコインを売買するシステムです。ここで借り入れたビットコインは、相場の上下に合わせて、買い建て、売り建てを行うことができます。

相場が上がると考えた場合は、買建て可能分量の範囲で、新規買い建て(借りたものを買う)を行い、想定通り価格が上がれば、売り決済(借りたものを売る)を行うことで、その価格差分が利益になります。逆に、価格が下がると考えた場合は、新規売建て(借りたものを売る)を行い、想定通り価格が下がれば、買い決済(反対売買)を行うことで、その価格差分が利益になります。借りられる期間に期限(今週物は今週の金曜・来週物は来週の金曜)があり、期限までに反対売買を行わない場合は強制的に反対売買が実行されます。

ちなみに、ビットバンクトレードは上記で述べた通りOKCoinと提携しており、トレーダーはOKCoinの市場参加者とトレードすることになるため、ドルでしか取引を行えません。この点については後述します。

 

bitbank Trade(ビットバンクトレード)の取引画面・チャート

f:id:dokugakukoumuin:20170314191652p:plain

非常に使いやすいシンプルなデザインです。

取引所にいながらにして、cryptwatchの以下のような詳細チャートを利用できるのも、他の取引所にはない便利なシステムです。

f:id:dokugakukoumuin:20170314192433p:plain

 

bitbank Trade(ビットバンクトレード)と手数料・入金出金関係

f:id:dokugakukoumuin:20170314193451p:plain

手数料は、公式による上記画像のとおりです。改めて文字に起こすと、

  1. 現物取引 0円
  2. 先物取引 新規・決済ともに0.1% また、利益に対して0.2%
  3. BTC預入時・引き出し時ともに0.0001BTC
  4. 銀行入金0円(銀行による) 出金324円

手数料関係は他取引所と比べても普通ですが、先物取引であるため日利がかからないのはメリットでしょう。

またこの画像には記載されていませんが、ビットバンクトレードは先ほども述べたように、流動性の高いOKCoinと提携しており、ドルで取引を行うため、為替手数料もあります。具体的には、円でビットバンクトレードに入金したものを、ビットバンクトレードがドルに両替してくれ、そのドルを用いてビットコインの取引を行うのです。よって、入金時に円からドル、出金時にドルから円に両替する手数料がかかります。

 

bitbankTrade(ビットバンクトレード)の追証・ロスカットルール

ビットバンクトレードも先物取引が出来ますが、追証制度はなく、ロスカット制度のみがあります。

追証ルール

追証ルールはありません。先ほど手数料の項で述べた決済時の利益を積み立てることで、トレーダーの損失をカバーしているみたいです。

ロスカットルール

ロスカットルールは公式サイトによると、以下の通りです。

ロスカット制度とは、維持率がロスカット率を下回った際に、損失の拡大を防ぐために、当社が強制的にお客様のポジションを反対売買して決済することができる制度です。維持率がロスカット率を下回っているかどうかの計算はリアルタイムで行います。ロスカットが執行される前に、維持率がアラート率を下回った段階で、メールにてその旨を通知いたします。ロスカットにおける最終決済価格は市場価格によって決まるために、決済が完了するまで損失額は決定しません。ただし、証拠BTC以上の損失は出ません。

ロスカットは維持率の20%を下回った場合に行われます。アラートというのは維持率が下回っていることを知らせる制度で、維持率が50%を下回った場合にメールが送られてきます。

 

bitbankTrade(ビットバンクトレード)まとめ

ビットバンクトレードは、株やFXなどすでに投資に経験がある人には使いやすい取引所であると思います。OKCoinと提携しているため他の取引所よりは流動性に飛んでいますし、詳細なチャートもすぐに開くことが出来ます。

また、両建や逆指値など高度な戦略を取ることにも対応しています。国内で唯一追証がないシステムなどを考えても、トレーダーの事をよく考えている取引所であると思います。

bitbankTrade(ビットバンクトレード)登録方法

以下のリンクから登録できます。

ちなみに、招待コードに「P7883FMCS」を入力するか、以下のリンクから登録すると、半年間先物取引の手数料が20%オフになるみたいです。

f:id:dokugakukoumuin:20170314203450p:plain

coincheck(コインチェック)

f:id:dokugakukoumuin:20170314212540p:plain

coincheck(コインチェック)はどんな取引所?

コインチェックも、大規模なビットコイン取引所です。

資本金は1億円に満たないものの、ビットバンクトレードと同じく多くの事に挑戦する意欲的な取引所で、これから提供されるサービスにも大きな期待ができると思います。

最近コインチェックが導入した目新しいシステムとしては、以下のようなものがあります。

  1. ビットコインで貧しい国に寄付する事が出来るシステム(ビットコインで寄付 | Coincheck(コインチェック))を生み出した。
  2. 電気代をビットコインで支払う事を可能にした。(coincheckでんき)
  3. 信用取引の手数料無料キャンペーン・チャットボーナスキャンペーン

ビットコインは、銀行などの中央機関を介して行う決済ではなく、他の紙幣に両替する必要もないため手数料が割安です。このシステムを活かして他国に寄付をしたり、電気代を割安にして差額分をビットコインで還元したりするというのは、非常に魅力的であり、これからのサービスにも期待が出来そうです。

また、期間限定で信用取引の売買手数料を無料にしたり、チャットに投稿するたびに(上限あり)ビットコインを貰えるキャンペーンを行ったりと、ユーザーの獲得にも力を入れています。

さらに、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)も多数取り扱っているのも特徴です。(2017年3月現在他の通貨8種類)

f:id:dokugakukoumuin:20170314221944p:plain

 

coincheck(コインチェック)で行える取引

  1. 取引所での現物取引(ビットコイン)
  2. 取引所での信用取引(ビットコイン)レバレッジ最大5倍
  3. 販売所での現物取引(アルトコイン)

コインチェックは、現物取引・信用取引に加えて、アルトコインの販売所があるのが特徴です。ビットコインはいまでこそ有名ですが、既にかなり値上がりしてしまいました。アルトコインはいまだ認知度が低く、これから10倍・20倍になる可能性を秘めたものも多くあります。日本ではあまりアルトコインを取り扱っている企業がないので、コインチェックはその点だけを見れば珍しい取引所であると思います。

 

coincheck(コインチェック)の取引画面・チャート

f:id:dokugakukoumuin:20170314223123p:plain

取引画面はこのような感じ。他の取引所と比較してもかなりシンプルで使いやすい部類であるとおもいます。チャットもしやすいです。

f:id:dokugakukoumuin:20170314223416p:plain

チャート画面はこのような感じ。拡大したり、書き込んだりできないのが難点。もう少し詳しいチャートもほしくなります。

 

coincheck(コインチェック)と手数料・入金出金関係

f:id:dokugakukoumuin:20170314225416p:plain

手数料は公式によると、以上のとおりです。改めて文字に起こすと、

  1. 現物取引・信用取引 ともに0円(信用取引はキャンペーン中)
  2. 日本円入金 0円 出金400円
  3. ビットコイン送金 0.0005BTC
  4. 円借入金利(日/0.04%) BTC借入(日/0.05%)

他と比較しても、並といったところでしょうか。

 

coincheck(コインチェック)の追証・ロスカットルール

追証ルール

ロスカットの値が高いのでありません。

ロスカットルール

50%を切ると発動されます。

 

coincheck(コインチェック)まとめ

コインチェックは、シンプルで使いやすいシステムがメリットであると思います。

また、国内最大のアルトコイン取扱(6種類)・電気代のビットコイン支払い・チャットボーナスなど、他の取引所にはないシステムを導入しているのも特徴的。

流動性も高いですし、オススメの取引所の一つです。

 

coincheck(コインチェック)登録方法

以下から登録できます。

f:id:dokugakukoumuin:20170317181939j:plain

 

Zaif(ザイフ)

f:id:dokugakukoumuin:20170316200800p:plain

Zaif(ザイフ)はどんな取引所?

ザイフは、国内でもかなりの取引量を誇るビットコイン・アルトコインの取引所です。

国内の取引所では唯一アルトコインの取引が可能なのも魅力的。(コインチェックは販売所であるため割高)

また、他の取引所にはない以下のような取り組みも行っています。

  1. 仮想通貨の銀行引き落とし積み立て
  2. チャットとツイッターを連携
  3. 手数料マイナスキャンペーン

銀行での積み立てというのは、

  1. ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない
  2. 暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい

などの希望を叶えるもので、希望金額に基づき、毎月自動的に積み立てが行われます。そして、積み立てたコインは、好きなタイミングで売買することが可能です。

また、手数料のマイナスキャンペーンというのも行っていて、これはすなわち取引すればするほど徳になるというものです。

このような特別な取り組みがザイフの魅力であると思います。

 

Zaif(ザイフ)で行える取引

ザイフでは、以下の取引が可能です。ちなみに販売所はありません。

  1. ビットコインの現物取引
  2. アルトコインの現物取引
  3. ビットコインの信用取引(レバレッジ最大7.77倍)

上記でも述べましたが、アルトコインを取引所で買えるのが魅力的。信用取引のレバレッジも高めです。

 

Zaif(ザイフ)の取引画面・チャート

f:id:dokugakukoumuin:20170316210037p:plain

このような感じです。左上がチャート、右上が取引画面です。左下にチャットがあるのも特徴的です。

 

Zaif(ザイフ)の手数料・入出金関係

  1. ビットコイン現物取引手数料 マイナス0.01%
  2. ビットコイン信用取引手数料 マイナス0.01%
  3. アルトコイン取引手数料 コインによりけり
  4. 入金手数料 銀行によりけり 出金手数料 50万未満=350円 50万以上手数料=756円
  5. ビットコイン送付手数料 0.0005BTC
  6. アルトコイン送付手数料 コインによりけり

上記でも述べましたが、マイナス手数料というのが目玉であると思います。現物取引に限らず信用取引でも手数料はマイナスであります。

 

Zaif(ザイフ)の追証・ロスカットルール

追証ルール

追証ルールはありませんが、マイナスになった場合は追加でお金を入金しないと取引できなくなるみたいです。

ロスカットルール

30%を切ると発動します。

 

Zaif(ザイフ)まとめ

ザイフは、以下三つの点で他の取引所と差別化しており、これらに魅力を感じる人には大きなメリットがあると思います。

  1. 銀行引き落としのコイン積み立て
  2. 手数料無料
  3. アルトコインの取引所での売買

個人的には、手数料無料が何にも勝るメリットであると思います。

 

Zaif(ザイフ)登録方法

こちらから、登録する事がが可能です。

 f:id:dokugakukoumuin:20170317170931j:plain
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin f:id:dokugakukoumuin:20170314002433p:plain