ビットコイン投資ダイアリー

ビットコイン・仮想通貨に関する情報やノウハウをまとめたブログ

ウォレットとは?ビットコインのおすすめウォレットを紹介します

 

ビットコインを取引している人なら、一度は「ウォレット」という言葉を聞いた事があるのではないでしょうか?私もビットコインに手を出したばかりの頃は、ウォレットなんて聞いた事がある程度でよく分かりませんでした。ですがビットコインの仕組みを知るにつれ、よくウォレットも知らずにビットコイン取引を始めたなあと思ったものです。

今日はウォレットについて、簡単にまとめてみようと思います。

ウォレット(wallet) とは?

ウォレットとは英語で『財布』を意味し、ビットコインなどの仮想通貨全般においても、大方『財布』『口座』のような意味として使われています。下記で説明しますが、ハードウェア型・デスクトップ型・モバイル型など様々な形式で存在し、どれもビットコインを紐付けて保存する事ができます。

ですがこのような説明だけでは、

取引所に置いておけばいいじゃん

と考える方もいるのではないでしょうか?

取引を頻繁に行ったりする分には、確かにウォレットなんて必要ないかもしれません。しかし、中期あるいは長期でビットコインを所有し続けるならば、絶対に一つくらいはウォレットを持っておくべきであります。

半ば私見を交えながらではありますが、ウォレットの役割を解説していきます。

 

ウォレット(wallet) の役割

ウォレットは、自らの資産を安全に保管してくれるという利点を持ちます。取引所に保管するというのも確かに保管形式の一つではありますが、安全面を考えた場合には少し不安が残ります。

ウォレットの役割を簡単に理解できる例として、ビットコインの歴史上とても著名な出来事であるマウントゴックス事件があります。

昔、東京を本社とするマウントゴックスという取引所がありました。マウントゴックスは、かつて世界取引量1位を誇るほど有名な取引所であったのですが、とある出来事がきっかけで倒産しました。なぜ倒産に至ったのか等この事件の真相はいまだ明らかではありませんが、最も有力な説は、オーナーによる不正(横領) というものです。つまり、取引所に保管されていた投資家のビットコインがオーナーに盗まれたという事です。法整備が追いついておらず、詐欺や窃盗が容易なビットコインは、こうした事件がいつ起こってもおかしくありません。オーナーによる不正という事件が仮に今後なかったとしも、ハッキングにより取引所のビットコインが全部盗まれてしまうということもあるかもしれません。

以上のような事を考えると、取引所に保存しておくというのは少し不安が残るでしょう。ですから、ウォレットという最も安全であると思われる保管形式が存在するのです。ウォレットの役割を確認したところで、形式別に特徴とおすすめウォレットを見ていくことにしましょう。

ウォレットには初めに述べたように様々な形式があるのですが、基本的に一般人がビットコインを保管するために用いるのはハードウェア・ソフトウェア・モバイル・ペーパーの4形式であるので、順に整理していくことにします。

 

ハードウェアウォレット

まずは、最も安全であると思われるハードウェアウォレットについて見ていきましょう。

ハードウェアウォレットとは?

個人的には、最もお勧めしたい形式のウォレット。以下のように専用の端末形式で、イメージとしてはUSBのようなものです。

f:id:dokugakukoumuin:20170402170257j:plain

端末にて保存できるので、オフライン環境下でハッキングのリスクなく保存できるのが強み。しかもパソコンに付ければすぐに利用できるので、便利ではあります。

おすすめハードウェアウォレット

ここでは、3種類オススメハードウェアウォレットを紹介していくことにします。

Trezor

世界標準のウォレット。取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社が代理店として海外の物を輸入。

 KeepKey 

手数料を増減させ、場合にあった送金が可能。こちらも、テックビューロ株式会社が代理店として輸入している商品。

Ledger-Nano

イーサリアムも保管できるのが特徴。上記二つのウォレットに比べて機能面では劣るものの、安い・軽いのがメリット。

 

ソフトウェアウォレット

ソフトウェアのウォレットは、ハードウェアに比べてお金もかからず手軽である反面、やはりハッキング等の恐れはあります。

ソフトウェアウォレットとは?

ソフトウェアウォレットとは、インターネット上での利用及びダウンロードして利用する媒体のウォレットを指します。簡単にアクセスや利用はできるものの、オンライン環境下で利用する機会が多いのであれば、確実に安全であるとは言えないでしょう。私はあまりお勧めしません。

おすすめソフトウェアウォレット

Bitcoin Wallet - Blockchain

世界最大のソフトウェアウォレット。日本語にも対応しているので、利用しやすいのが特徴です。ただし、結局はブラウザで利用するものではあるので取引所に置いておくのとあまり変わりません。

strongcoin

海外のソフトウェアウォレット。バックアップをダウンロードしたり等基本的な事は出来ます。

 

モバイルウォレット

モバイルウォレットは、携帯に保存できるのが特徴です。

モバイルウォレットとは?

モバイルウォレットとは、主として携帯のアプリという形式で提供されているウォレットであります。一々パソコンを開いたりしなくても良いので気楽ではあるものの、やはりオンライン化に置くことになるため、完全に安全な環境にあるとは言えません。

おすすめモバイルウォレット

Jaxx

数多くの暗号通貨に対応。ビットコインに加えて7種類のアルトコインを保存できる。

Jaxx Blockchain Wallet

Jaxx Blockchain Wallet

  • KryptoKit
  • ファイナンス
  • 無料
breadwallet

仲介なしに直接ビットコインネットワークに繋げるウォレット。バックアップを取ることもできるのでお勧めできます。

breadwallet - bitcoin wallet

breadwallet - bitcoin wallet

  • breadwallet LLC
  • ファイナンス
  • 無料

 

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは、ハードウェアウォレットと同じく、高い安全性を持ちます。

ペーパーウォレットとは?

ビットコインは、個人個人の口座に残高が記録されるわけではなく、ブロックチェーンと呼ばれる公開台帳に全員分が記録されています。○○という文字列にはビットコインが△△ほど・◇◇というアドレスには××ほど保存されているというのがブロックチェーンに随時記録され更新していくので、ビットコインを持っている側がオンラインにつながなくても、○○というアドレスには△△円送りたいという意思表示をブロックチェーン上に向けて伝えればいいわけです。

アドレスは30文字以上で構成されているので基本的に被りません。適当なアドレスを紙に印刷して保存しておけば良いわけです。この紙に印刷したものを、ペーパーウォレットといいます。

ただし問題点もあります。紙を紛失した場合にアドレスを覚えていなければ二度と復元できなくなってしまうという事です。そのような事態に陥らないためにも、しっかりと保存しておきましょう。

f:id:dokugakukoumuin:20170402182907p:plain

オススメペーパーウォレットサイト

bitaddress.org

日本語対応もしている、こちらがオススメであります。

 

ウォレットまとめ

基本的には、ハードウェアウォレットを利用するのがベストだと思いますが、場合によっては他の形式で利用するのもありだと思います。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin f:id:dokugakukoumuin:20170314002433p:plain